還暦記念の「ざ びぼうろく」THE備忘録 

目にとめてくださり、ありがとうございます。還暦を機に、これまでの想いやこれからのことを毎日書いていきます。

茶道

目を開けて笑う子は1人だけ!

1人だけがスマイル 茶道教室で、7種の蓋置(ふたおき)について学びました。 蓋置とは、湯を沸かす茶釜の蓋を置いたり、柄杓(ひしゃく)を置いたりする時に使います。手のひらに乗るような大きさです。 7種のうち、今回使ったのは栄螺(さざえ)の形のもの…

のらぼう菜のぬか漬け

新鮮な「のらぼう菜」さっと茹でて使います お茶のお稽古終わりに、先生が「のらぼう菜(な)、持ってかない?」と、おっしゃいました。のらぼう菜は癖がないので大好き。ただ外は雨が強く降っています。 「先生、お天気が悪いので今日はいいですよ。」と生…

還暦初めて物語「七事式 廻り花(しちじしき まわりばな)」

華麗なる共演 土砂降りの中、着物で茶道教室へ。こういう日はポリエステルの着物が大活躍。雨コートを着て、草履には爪皮 (つまかわ) を装着しました。爪皮とは雨カバーのことで、草履の先端にかぶせます。確か、商品名は「おとも」だったかな?「美人のつま…

今日の帯揚げ、失敗だったな

美味しそうな茶花 今日の茶道教室のお花は「蕗のとう」。私には美味しそうな野菜にしか見えないのですが、こういう使い方もあるのかと、またひとつ学びました。しかも蕗のとうには雄花と雌花があるそうで、これはどっちなんだろう?雄花かな? 茶道教室へは…

雅なお点前とピカチュウ

ピカチュウ! 氷雨and雪混じりのお天気。茶道教室の生徒4人の内、2人から欠席の連絡が次々入りました。私も休めば4人目も休むかな?そうすると先生も今日はゆっくり出来るのかな?と思い、グループLINEで欠席連絡をしたら、4人目のお返事は出席とのこと。先…

茶道教室で、将来のことをふと考える

紅梅が美しい先生宅の玄関先 いつものように茶道のお稽古が終わり、先生と最後まで残った生徒のHさんと世間話をしました。Hさんは役所勤務だったそうで、確定申告についてもお詳しい。そこで先生がご自分で貸している田んぼの事が話題になりました。 毎年、…

「還暦初めて物語」お祝いクラッカーが届きました。

こういうのが届くんですね~ 先日も書きましたが、昨年2月5日から開始したこちらのブログですが、おかげ様で1年間毎日休まずに書くことができました。 今日は新たなスタートの第2日目です。(ビミョーな区切り・・・) 毎日書いて 毎日スターをいただいて…

あんこの魅力がようやくわかって来ました

鈴懸の寿々というお菓子 鈴懸(すずかけ)という老舗和菓子屋さんに行く機会があり、そちらで寿々というお菓子を購入。茶道教室へ持参して、皆でいただきました。 私のイメージでは「高級な人形焼かなあ?」と思っていましたが、全く別物! 九州出身の生徒さ…

茶道教室で一生モノの学びを楽しんでいます。

今週のお題「一生モノ」 今月3回目のお雑煮。とっても美味しかった! 先日の初釜で、先生お手製のお雑煮をいただきました。よそのお宅のお雑煮をいただくことはめったにないので、とても貴重な機会にワクワクです。 青菜やユズは先生のお庭と畑から。にんじ…

嫁入り訪問着で初釜。

今週のお題「一生モノ」 つま先閉じるのを忘れ、襟が崩れたままだった!残念。 お茶のお稽古が初釜(はつがま)だったので、いつもよりいい着物をと、嫁入りで持たされた訪問着と袋帯で出席しました。お茶にはやや派手なコーデだったかな? 私の結婚が決まっ…

草月流「真・副・控(しん・そえ・ひかえ)」で飾ってみっぺ。

こちらは先生が正月用にアレンジされるそうです。 茶道教室のお庭は、庭師さんが結構な量の花木を伐採。いつものお庭とは全く違う風景でした。松の葉すっきり、ユズの枝は半分くらい、そのほかの花木も刈り込まれていました。広々とした感じに生まれ変わり、…

還暦を過ぎた女性7人で「乙女の茶事」

懐石です。私は盛り付け担当でした。 茶道教室で、お客様をお招きしての茶事(ちゃじ)がありました。先生曰く「源氏物語をテーマに、乙女の茶事」だそうです。 本格的なものではなくて、私たち生徒に合わせた内容で省略事もありましたが、それでも準備から…

ステンレス製のやかんからも、松風が聴こえますかね~。

松風、聴こえますかね・・・ お茶のお稽古で、炭を使ったお点前(てまえ)が多くなりました。 炭手前(すみてまえ)では数種類の炭を組み合わせて使うとのことで、その炭セットも先生に見せていただきました。細長い物や太くて短い物以外に、細くて真っ白い…

茶事の準備と偶然の美

カニクサと判明しました。 次回のお茶のお稽古は、いつものメンバー以外もお招きして茶事をやることになっていて、今回のお稽古はそのリハーサルでした。 先輩の生徒さんがお点前をなさいます。私は次客。ほとんど見ているだけでした。 お菓子2種類、濃茶を2…

還暦初めて物語 お茶の花

お茶の花(向かって左)とヤブツバキ。 茶道のお稽古で飾られていたお花が「お茶の花」とは。 これぞ最強の組み合わせ?! ぴったしカンカン!とつい心の中でつぶやく・・・。そういう世代ですからね~。 (コント55号も出ていたし「ほにゃらら」というのも…

菊と猪と自主練。

本日は、シュウメイギクです。 1週遅れの炉開き(ろびらき)でした。 お茶の世界では、11月が正月とのことで、釜が風炉(ふろ)から炉に変わります。 釜の蓋置きも竹の節の位置が下になったし、柄杓(ひしゃく)も大きくなったし、座るのも斜めだし、ふすま…

お腹も心もいっぱい

全て先生の手作りです 2週間ぶりの茶道教室は茶事でした。 最初にいただいた白湯には、柚子をすりおろしたものが入っていて、爽やかなお味。 青い柚子の方が色合いが良かった、と先生は少々ガッカリのご様子でしたが…。 そして、先生が朝早くから用意された…

たくさん飾っても良いのだそうです

華やかです 今月はお茶のお稽古が少なくて、ちょっと寂しいです。 10月初めのお稽古は、風炉・薄茶・中置点前(ふろ、うすちゃ、なかおきてまえ)でした。11月が茶道ではお正月のようで、お道具も変わるそうです。今回、お抹茶が入っていたのは薄茶器(うす…

還暦はじめて物語「残花を楽しむ」

斑入(ふいり)のススキです。斑が見えますか? 暑さも落ち着いてきたので、お茶のお稽古に自転車で行くことにしました。 ゆっくり漕げば30分くらいだけど、遅れたら皆さんに迷惑がかかるな、と久しぶりの自転車にやや不安。かなり余裕をもって家を出ました…

花の札に、見事当たらず。

お稽古の後のお楽しみ 久しぶりに茶道のお稽古に伺いました。9月は、台風や先生の勘違い?で2週間お稽古がなかったのです。久しぶりの今日は、例の「七事式 平花月」の日でした。 しちじしき ひらかげつ 折据(おりすえ)という7cm四方くらいの小さな入れ物…

「しちじしき ひらかげつ」って何ですか?

オクラの花のおひたし 1ヶ月ぶりの茶道のお稽古でしたが、お休みの生徒さんが数人いたので、先生ともう1人の生徒さんと3人でした。 私は福島土産の柚餅子(ゆべし)を、もう1人の生徒さんもお煎餅とゼリーを持参。 先生もお菓子や果物を用意してくださってい…

ICTの波に溺れないように必死だった頃のお話。

今年もあと5枚ですか・・・ 元勤務校で同僚だった女性とランチの待ち合わせをしました。4か月前までは、平日にほぼ毎日顔をあわせていたのに、なんだかちょっと懐かしい・・・。 私のような毒舌タイプが1人減って、さぞ平和な職場になったであろうと思いき…

めいすいだて のお勉強

しめ縄、幣束(へいそく)飾りの水差し 茶道教室の先生が、まだ正座が難しい私に配慮してくださったので、今日は立礼(りゅうれい)、つまり椅子式でのお稽古でした。しかも、濃茶も薄茶も名水点(めいすいだて)で行う茶事、ということでしたので、懐石料理…

持ち寄りランチ会は4時間半。MTGは進まず。

豪華ランチ会! 「退職記念に旅行に行きたいよね。」と仲良し3人で言ってから早3ケ月。一向に計画を練る気配がありません。この4月から各自がまあまあ忙しい生活を送っているのも一因だとは思います。 さすがに「詳細を決めよう!」ということになり、今日…

ひさごだな、かちむし、ねごろぬり

ひさご棚でお点前。 「今日は、"ひさごだな”です。」と先生に言われても、何のことだかさっぱりわからない私。ひさごとは「瓢」と書く。つまりひょうたんのことなんですね。漢字で書くと「瓢棚」となります。 裏千家十四世 淡々斎(たんたんさい)が好んだ棚…

冷蔵庫側面の可能性に気づく。

バカラの義山と冷凍和菓子 義山とはギヤマン、茶道具で夏に用いるガラス製品を呼ぶ言い方のようです。 先生からいただいたお道具を使って、やっと自宅で薄茶(うすちゃ)を点(た)てました。 しかもお茶椀として使用したのが、バカラのアラベスクスモールボ…

今日は6月晦日でしたね。

角度調節が難しいです。 お茶のお稽古の仲間たちと、先生のお宅で流しそうめんを楽しみました。 あいにくの雨で、急きょ車庫の中に設営。私が伺った時には竹の配置とホースの水の設置は終わっていて、おそらく作務衣姿の先生が朝から作業してくださったよう…

旬の味わい。視力回復?

これから色づくものもたくさんありました。 お茶の先生が、帰り際にお庭のブルーベリーをたくさんくださいました。 粒が大きくて、市販品みたい。ベリー類に目がない私は大喜び。 喜んでいる私をご覧になった先生から、まだまだあるから摘んでから帰っていい…

自主練するぞー。

退職記念のお道具 今日、茶道のお稽古に行ったら、先生が私の退職記念にとお茶道具をくださいました。お茶碗、棗(なつめ)、茶筅(ちゃせん)、茶杓(ちゃしゃく)、茶箱、茶巾です。 なつめの文様は、mlみたいに見えるのが源氏香、それに御所車と青海波。 茶…

マナーを知ると整います。

帛紗を頂戴いたしました。 今日は茶道の先生に来月分のお月謝を渡す日です。月謝袋を広げた扇子の上に置き、扇子ごと向きを変えてお出しする方法を学びました。 何と雅な世界! 先生が扇子を畳んで返してくださると、領収印をいただくよりもお支払いしたとい…